くりえいと

中村創オフィシャルブログ

ブログにアンチコメントをもらい、ようやくブロガーと名乗れます!

f:id:sodesu11travel:20171116213204p:plain

どうも!

昨日初めて記事に対してアンチコメントをもらいました。中村創(@soooo_nakamura)です。



何百件も否定やアンチコメントが来ていたら凹んでいますが、まだ1件ということで正直すごくポジティブに捉えています。

この記事では、アンチコメントが来たことで、ようやくブロガーと名乗れると思った経緯を書かせてもらいます。

誰しも批判や否定は嫌かもしれません。でも見方を変えれば、そのコメントは非常に貴重なコメントに変わります。

時間の無駄だったというコメント

初めてのアンチコメントをもらったことに気づいたのは昨日でした。

良くも悪くも、今までコメントをもらうことはなかったので、ちょっと期待しながら見てみるとこんなことが書かれていました。

f:id:sodesu11travel:20171116201726p:plain

 

がーん。。。


正直、最初は嬉しいわけではなかったです。

ただこの人の視点に立って考えてみると、ただ単に僕の力不足だったのでは無いかと思うようになりました。

発想の転換ですね。笑

価値を届けられなかったという事実

ここで忘れてはいけないことは、このアンチコメントをした人にとってはこの記事には本当に価値がなく無駄な時間を費やさせてしまったということです。

よくよく考えると、こういうタイの記事のように、自分の宣言だったり活動を紹介する記事が「くりえいと」には、あまりにも多いのかなと感じるようになりました。

というよりもそれ以外の情報系をはじめとする記事を書くスピードがあまりにも遅いw

もっと情報があって役立つ記事を量産しないと、せっかく読んでくださったとしても無価値な時間の浪費になってしまうことを、アンチコメントから学びました。

批判はその人に足らない視点をくれる。

批判やアンチコメント、ネガティブな意見を聞き流すことは簡単かもしれません。時には相手にせず流すタイミングも必要でしょう。

ただ多くの批判はその人に足らない視点を与えてくれます。

今回の場合であれば、①読者の視点に立って記事を書けていないこと②無価値な情報は時間の無駄 という2点を教えてくれた気がします。

ってもしかしてこの記事も無価値で時間の浪費かもしれないですね。

とにかく言いたいことは批判を右から左に流すのではなく一度受け取って、自分なりに取り入れて、必要なければ放り投げましょうということです(笑)

ぽいっとな。

 

くりえいとは中村創の表現の場

でも僕はこのブログ「くりえいと」で中村創という人間を表現し続けていきたいと思っています。

炎上させる気は全く無いですが、アンチコメントがつくという事はある程度、発信力がついてきた証とも言えるでしょう。

だってブログ初めて3日とかのブロガーにわざわざコメントなんてしないですもんw

「な」さんの「この記事を読むのに約3分。3分後、180秒もかける価値もないことに気づく。」のコメントのおかげでようやく正真正銘のブロガーと名乗れます

ありがとう「な」さん!途中で読む価値なんてないと思ったかもしれないけど最後まで読んでくれてありがとう!次はもっと価値を与えられるような良記事書くので、よかったらまた見てね!でも、もう悪口は書かないでね!笑

ブロガー中村創!再出発です!