くりえいと

中村創オフィシャルブログ

右向け右で、左を向け。

f:id:sodesu11travel:20170904204652p:plain

どーも!

昨日初200PV/1日を達成して少し嬉しい中村創です。

twitter.com
ぼくがブログを本格的に初めて1ヶ月経ちました。


その中で感じるブロガーやブログの記事の違和感をオブラートに包まず、率直な思いで綴らせて貰えばと思います。

決して喧嘩を売りたいわけではありません。そんな普通のこと書いてて楽しいの?と問いかけたいからです。

もっと自分の色だったり個性を出したブログの方が確実に魅力的です。

今日は溜まってる毒を吐き出しちゃいますよぉ

インフルエンサーに合わせた記事

ぼくは八木仁平さんが主催するイントロサロンに参加させてもらっています。

以前このサロンを批判されている方がいましたが、ぼく個人としては、新たな素敵な出会いにも恵まれ参加してよかったと思っています。

なんでイントロサロンをあげたのかというと、#いらないものリストをメンバーで書こうという企画が開催されていたからです。

とても面白い企画だとは思いますが、これにインフルエンサーにRTして貰えそうだからやってみようという人がたくさんいます。

すごく根本的な問題ですが、有名な方と同じテーマで書いても正直埋もれます。そのキーワードで検索して上位に出てくるのは有名な人ばかりです。

だったら同じテーマでも全く視点で書いた方が面白いのになと思います。

 

ただ#いらないものリストは人生を充実させるいいテーマ!笑

もう既に大量にある普通の内容

これ絶対多くの人がもう既に書いてるでしょ?って記事を書いている人がたくさん見受けられます。

例えば東南アジアのタイからカンボジアの移動方法なんかがその一例ですね。

もしこの記事を世界一周に何度も行っていてブログで発信しているような、いわゆるプロの旅人が書いていたら話は違うでしょう。

なぜならその人が発信する情報に信頼があるからです。たくさんの旅を経験しているからこその信憑性があります。

ただ、東南アジアにちょっと旅行に行ってまーすみたいな人がそんな記事を書いてもぼくはあまり興味が出ません。

もう既にそんな基本的な情報はネット上に転がっています。競争相手が多いところに突っ込んでいってもなかなか勝てないでしょう。

だったらその人しか経験してない内容だったり、経験を自分の意見を交えて書いてもらった方が面白いのになと思います。

自分色出したらいいのに...

誰でも書ける記事なんて書きたくねぇ

成功者の意見を鵜呑み

学ぶことは真似るという言葉からきたというように、成功者の意見は非常に貴重です。

それはもちろんブロガーの成功者と言われる方も同じ。ぼくも何度も参考にさせてもらっています。

ブロガーの成功者の出現によってブロガーが儲かる職業と認知されてきました。そこで最近ブログを始める人が増えてきているような印象があります。(紛れもなくぼくもその中の一人です。)

だからこその弊害ですが、みんな成功者の意見を鵜呑みにしています。

同じようなデザイン、同じようなTwitterの投稿。ああこの人の真似してるんだってわかってしまいます。

自分の頭で考えず成功者が言ってるから間違い無いと言う発想法でしょう。

鵜呑みするんじゃなくて成功者の意見を取り入れつつ、もっともっと自分の個性を出した方がいいのにと思います。

うわこのデザインすごい!なにこの新しい視点のTwitter内容って思った方が結果的に目を引く気がします。

とりあえず自分もデザインカスタマイズしなきゃ...汗

そもそもただの日記


これは当然で言うまでもないかもしれませんが、ごくたまにただの日記を書いている人がいます。

別にマネタイズ狙ってない人だったらそれでいいと思います。あと特化系ブログ。例えば飼い猫の日常みたいな日記だからこそ良さが伝わるやつです。

あとは芸能人の既に超売れっ子であれば読む気になります。例えばアイドル好きは、推しメンのオフの日の過ごし方は気になります。

でもマネタイズを招来していきたいような人が日常の日記を書いてても読まれないと思います。

そしたら検索重視でも読まれる記事を書いたり、日々の日常から学んだ他の人が気づかない発信したらどうでしょうか。

www.sonakamura.com



もちろん人により戦略は違いますけどね!マネタイズしたい人が日記しか書かないのは違うかなと思います。

 

どちらにせよ目標から逆算することが大切ですね!

ブロガーよ。右向けで右で、左を向け


ここまでブロガーやブログの記事内容に存在するぼく自身が感じる違和感を書かせてもらいました。

所詮PV数が200PVのぼくがいうのは説得力がないとは思いますけどね(笑)

この記事のタイトルは右向け右で、左を向け。です。これには周りに流されず自分の色を出していこうよ!と言うメッセージを込めました。

最近だとイントロサロンって素晴らしいといった記事が多い中で、イントロサロンをやめたわけで出した批判的な記事がTwitterやはてなブログでバズりました。

もしこのブロガーの方が周りに流されるような性格であればこんな記事は誕生しなかったでしょう。なぜなら流されるのは簡単だからです。

この結果は自分の思っている本音や違和感を価値あるものに変換して発信したからこそ生まれたものです。

もちろん無理に自分に嘘をついて書いたって意味がありません。
検索重視だけで流入数を稼ぐ、人気ブロガーにとりあえず同意しておいて人気になるよりも、自分の色を常に出しながら記事を書いて人気になった方が面白く無いですか?

少なくともぼくは自分色をうざいくらいに出し続けたいと思います。

きっとそれが自分にとっての正解だと思うから。
信じてみます。やってく中でこれは違うってなるかもしれないですけどね!笑

みなさんもこの機会にぜひ自分のブログを見返して見てはいかがでしょうか?