くりえいと

中村創オフィシャルブログ

節分の由来・豆まきの意味、恵方巻きなど余すことなく解説します!

f:id:sodesu11travel:20180123211002p:plain
「鬼は外福は内」

このフレーズが聞こえる節分の日、2月3日。

だいたい自分の年齢の倍以上の豆を食べていた気がします。笑

今回はお正月の初夢に続く日本文化の解説記事です。

年に1度しかない節分の日。その由来や正式な豆まきの方法を知った上で、自分の家流にアレンジしてみてはいかがでしょうか?

きっとお子さんの質問にも回答できて喜ばれますよ!

 

 

節分の由来


そもそも節分というのはどういう意味かご存知ですか?

節を分ける。つまり季節を分ける日で、立春、立夏、立秋、立冬の前日のことを指します。実はそれぞれ全てを節分と呼んでいたそうです。つまり年に4回も節分は存在していたんですね。

その中でも現在の節分は立春に当たります。前の暦でいうと大晦日です。

新しい年が来るために、邪気や厄を払うというのが本来の節分が持つ役割でした。

節分の伝来は中国


節分は日本発祥の行事ではありません。

元々は中国から伝来し、平安時代に『追儺式』として行われていた行事が原型になっています。

追儺式は旧暦の大晦日に開催され、災害や厄がお祓いするための清めの儀式のことです。

正式な豆巻きの仕方


追儺式が行われていたのは平安時代。そして室町時代からお馴染みの豆まきが行われるようになりました。

『福は内鬼は外』これは節分をされている方は絶対に知っているフレーズです。

他の方の記事を読んでいると、親御さんが鬼になり、子供達が「福は内鬼は外」と言いながら豆を投げるというのが主流なようですね。

ちなみに自分もそうでした(笑)


もちろん、節分を相当大事にされている方以外はそれでもいいと思うのですが、一応正式な豆まきの仕方をご紹介します。

  1. 玄関の戸を開けて外に向かって「福は内鬼は外」と言いながら豆をまく。
  2. 各部屋ごとに窓やとなどを開けて、玄関の時と同じように豆をまく。
  3. 家族一同で自分の年齢の数、もしくは年齢より1つ多い豆を食べる。

1と3に関しては知っていましたが、部屋ごとにもやるのが正式だそうです。

家の周囲豆だらけになるw

 

そして、豆をまく理由はシャレにあります。

  • 魔滅(まめ)
  • 無事にマメに過ごせる


この2つが定説です。

お節もそうですが、このようにシャレがかかっていることが多いですね!

恵方巻きは最近のトレンドだった?


節分といえば豆まきだけでなく恵方巻きを食べる家も多いのではないでしょうか。

実は恵方巻きを食べる文化は、古くからのものではなく花魁遊びから始まったとも言われており、1930年代ごろから文化として関西の方では始まっていたそうです。

実際に広まったのは、セブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニが販売し始めたことがきっかけだそうです。

かなり最近のトレンドですね!

ちなみにamazonでは1万円の恵方巻きが売られています。笑

 

高すぎだぜ...



普通のはこちら!

節分の飾りの習慣


節分では門や玄関にヒイラギの小枝にイワシの頭を刺したものを飾るといった風習もあります。

なぜこんなことをするのか不思議に思いませんか?

元の起源は追儺式が行われていた平安時代です。節分の夜になると、鬼が女子たちを食べに来ると恐れられていました。

鬼はイワシの臭いが嫌い、そしてヒイラギのとげに目を突かれてしまうといった言い伝えがあり、一種のおまじない的なものだとも言われています。

年に一回の節分を楽しもう!


いかがでしたでしょうか。

豆をまいて恵方巻きを食べるだけの節分にも、古来からの由来や本来の豆まきの仕方、意味などがあります。

昔は年に4回もあった節分ですが、今は年に1回しかありません。

せっかくなら、知識を頭に入れて本格的に節分を楽しみましょう!

では、ブロガーverの節分声掛けでお別れしましょう。

 

アンチは外!ファンは内!

 

節分を楽しめるグッズもたくさん売ってるみたいです!